2013年05月19日

胸像1−3

今回の胸像は全部で8体作ろうと思ってますが
共通の衣装はつまんないので、共通の装備帯だけつけようと
考えてます。

しかし全員体格がまちまち。でもいちいち体格に合わせて
新規で面倒なベルト装備なんか作り直したくない。

そんなお悩みに悶絶するスカルピャーの皆さん。

少しは脳を使ったらどうだ。
使わないとバカになるぞこのバカヤロウ。

ワタクシの出した結論はこちら。

hh9.JPG

透明シリコン様に押し付け量産作戦。

実際に押し付けたスカルピーはこんな感じ

hh10.JPG

どういうことかと申しますと

hh11.JPG

右上のHが原型。薄く作って焼いたもの。

これを型に起こしたのが左上の透明シリコン。

そこにスカルピーを押し付けて、複製したのが下のH。

そうするとディティールのついた柔らかい帯が出来るので


hh12.JPG

それを原型に貼って形状を合わせて進めればいいわけです。

結果こんな感じ。

hh13.JPG

一発焼き。100度120分。
温度差が出ないよう、上にアルミホイルで直接熱を遮断し
焼き上げたら自然放熱(オーブンのドア開けない)で
ゆっくり冷やすことで、収縮差によるヒビワレを防ぐ。

特にこういうムクで詰まったものは、表面と内部の温度差が
激しく変わるので、加熱や放熱にはある程度、配慮が必要す。

ちなみにこのキャラはTシャツに装備帯のみの最シンプルキャラ。
手グシで髪を後ろにざっくり撫で付けた感じを出したかった。
しかしテストとして一発で焼きたかったのでいろいろ詰め切れなかったなー。
一発造型にはなかなか才能が必要そうでございます。

で、この胸像シリーズはゆくゆくはこういう構成になる予定。

hh14.JPG

今回のキャラがいちばん普通に近いので、ベースとして先に作ったので
背面の処理とか、台座とのつなぎとか今後いろいろ変更はありそうですが、おおむねこんな計画。

そして同時に、こちらも開始。


tatu1.JPG

よきかな和斧。
posted by ブリスターパックファッカーズ at 14:25| 製作日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月05日

胸像 1−2

ほとんど進んでないす。ちょっと髪いじったくらい。
でも出来れば毎週更新するくらいの勢いで
手を動かさないといかんと思うので、遅々としつつも更新。

hh6.JPG

hh7.JPG

hh8.JPG

髪の毛は面倒です。
posted by ブリスターパックファッカーズ at 23:16| 製作日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。