2008年11月12日

メカトロGK 2

いろいろこまごまとした部分から進めてますが、とにかくまず頭を仕上げないと。

つーわけで、オヤジさんのトレードマークというほどでもないですが
鳥撃ち帽を。

no8.jpg
no9.jpg




でも




no10.jpg

はい、ツルっと来た。



ナナメから見ても

no11.jpg

トクティだ。

なに?トクティで意味が通じない?トクトウで辞書を引け。


じゃなくって、テメー面白半分でハゲチラ造型したんか!?
人んチの人形だと思って無責任に!!


と、キレ気味のモデリズムファン。


落ち着け。


たしかに面白半分にやってるけど、それはこの人形に限らずです。

そうじゃなくて、ハゲてる方がカッコいいでしょが。
モデルにしてる俳優もハゲており、その落ち着いたハゲっぷりが男らしいんす。
頭を使う技術者はハゲるんです。フィルティペットとか。違うか。


いずれにしてもそういうわけで、予定では帽子も一体で行こうという話だったんすが
やっぱし分けました。

帽子ありもいいすが、ナシもいい。ので。ただそんだけ。


で他にボディの準備を進めつつ、可愛い革靴とかも作ってます。

no12.jpg


ちなみにですが、顔はやっぱ100度で。
熱源に顔を向けずに、気泡を恐れつつ慎重に焼く。20分くらい。

固まったら首元とか調整して、また同じように。

そんで、頭に石粉(タルク。ベビーパウダー)を少し振って(離型用)
圧延した薄いスカをペッタリつけて、そんでまた低温で焼く。

形が決まったら頭から外して、高温130度20分くらいで焼く。

そうするともうめったなことでは割れない水泳帽みたいなのができる。
ので、ガシガシとヤスリをかけて調整。
ツバと形状をつけて、再び焼く。また低温。

そんな感じで進めております。


靴も、最初に圧延したスカで靴底を作って焼いて、そこから上を盛る。
ナニゴトもベースを作って安定させてから盛る。
そうすっと早いです。ガイドにもなるからサイズも狂わないし。
posted by ブリスターパックファッカーズ at 06:09| 製作日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。