2009年10月26日

スカルプアシスト作例#2

さて、その後名前も決まり、あまり知性を感じられない系の顔になった
シブイチがどうなったかと言いますと

こんなだ

sa08.JPG

はい、B定食あがった。

顔を焼き、耳をつけて、髪をつけて再び焼いてます。

そもそもこういう顔を焼く場合、何度も言ってますが
急加熱は禁物です。

130度でビシっと焼きたいぜ、と思っても焦ってはいけないす。
表面近い空気が膨張して原型に欠点を作る可能性は大きい。
意味がわからない人は試しに急加熱をどうぞ。

つーわけですので、急加熱を防ぐ一例として自分はこんな感じでやってます。

sa8.JPG

オーブンレンジにタイルを敷いてあるうえに、シリコンで少し
やぐらを作り

sa9.JPG

上にまたタイルを置く。直接熱源からの加熱を防ぐためです。

時間はまず、こう

sa10.JPG

このあと、上のタイルをはずして、さらに120度で10分追加しても
いいです。
この段階では表面の膨張はなく固まったものの、
ツメで押せばすぐに傷がつく程度です。あくまで固めただけ。

追い焼きが必ずあるので、最初は固まればいいんすけどね。
あとでしっかり加熱するチャンスは何度もあります。

で、髪と耳を加えたらこんな感じ。

sa11.JPG

と同時に、中華ナベとオタマを作っておきました。

sa12.JPG

マジスカ、エポパテすね、この場合。
ちなみにこれは、マジスカが切れてたので使い忘れてた超古い
ボークスのアーティストパテの在庫処理。
と、アルミ線と、光硬化パテです。

薄く圧延したエポパテを、丸い何かをジグ(治具)にして成型しました。(今回はドラカプのカプ)

毎度余計な小道具から入る男。
小道具があるとテンションがね、意外にキープされるんすよねー。
でも全開スカルプアシスト関係ねー作業じゃねーか、と気づいたあなた。
スルデーす。次回からボディです。
posted by ブリスターパックファッカーズ at 01:32| スカルプアシストキット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。