2010年01月17日

ジンガイ・ビフォーアフター2

さて、作業のご説明。

なんと芯はスカルプアシストキットです。

a1ka.JPG

このスカルプアシストキット、現在取り扱い中止してますが、
型がダメになったので再生産の予定はいまのところありません。

でも、これ1/6作業にはスーパー便利なわけです。

これを基準に工夫開始。

aka2.JPG

バランスを決めて固定を開始します。
マジックスカルプで関節を。
そんで、腰の分割だけ、マジスカの板できっちりと平面を
出して今後の作業でイライラしないようにしときます。

aka3.JPG

この段階では「シャチ」と対になるポーズで考えており
顔を正面に考えてます。
足先も変える予定ですがまずは後回しにしてどんどんこのまま
進めておきます。


aka4.JPG

顔を作っておきます。

bka1.JPG

これはビフォーカツトシと共通なので早めに。
ちなみにビフォーカツトシはこういう方向で。

bka2.JPG

手を出しちゃいけないモノに手を出すと
人生踏み外しちゃうぞ、という青少年に警告的なアプローチですね。

そんで顔の方向性が決まったので、肉を盛り続けます。

aka5.JPG

楽しいすね。

aka6.JPG

もうウルトラ楽しいす。

目玉は鉄球、顔をキャストに置き換えて、さらに進めます。

下半身はズボンですが、右半身の怪物化が先行しているので
破れた表現が必要で、そこだけマジックスカルプで。

aka9.JPG


そんで完成。

aka15a.JPG

芯と関節、ズボンの破れ以外はオールスカルピー。
グレースカだけでしたね。混合スカなし。


次回は細部の話。
posted by ブリスターパックファッカーズ at 19:40| カツトシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。