2010年03月18日

加圧脱泡鍋

加圧脱泡試してみました。

まず、参考にしたのが、ここここ

しかし具体的にどれくらいどうなのかわからない。
試すにしても大した値段じゃないし、じゃあやってみるか、と。
クチャクチャ言ってるヒマがあったらテストしてみる男ここにあり。
試そうという方は第3の意見として参考にされるといいと思うんすが
ちなみにご存知のようにワタクシの模型スキルはからっきしもいいとこで
粘土と与太話はこねくりまわせても、こういう模型関係はほぼ素人です。
複製下手の試したボーイの懲りない突進と心に留め置いてください。


で買ったのはこれ。

kaatu1.JPG

3000円しなかったはずです。

大きさはこれくらい。

kaatu2.JPG

で、さらに必要な自転車の空気入れとチューブ。

kaatu3.JPG

kaatu4.JPG

早速フタをはずし、少し穴を削ってチューブを差し込む

kaatu5.JPG

裏からみるとこんなテキトー。

kaatu6.JPG


で、つなげて出来上がる。

kaatu7.JPG

具体的な手順は最初にあげた先人の丁寧な説明を参考にしてください。
商品もすぐ買えるようにリンクあるし、自分はそれを真似ただけです。


で、いざシュコシュコ脱泡。
30回くらい空気入れを押しますと、安全弁のBなるものが過剰圧を感知すると
プシューと抜ける仕組み。プシューとそれが動くまでシュコシュコやる。

手近にある一番厄介そうな型に、ウェーブのレジンを流しました。

さて魔法のように泡が消えるのかというと

kaatu8.JPG

消えないんですね。3つの中央の縦部分に全部、小さい泡が。

で、さらに

kaatu9.JPG

指もダメ。

kaatu10.JPG

まあもともとこれは流れないような厄介な型で
それでも泡が消えるなら劇的だなと思ったんですが
そうそううまい話は世の中に転がってねーっつー話です。

つーか、原理いまだにわかんねーな。
加圧で泡が小さくなるとかなんだとからしいすが
こんなヘボ鍋では全然そこまで圧はかけられそうもない。

開けてみるといきなり飛び散ってるし。

kaatu11.JPG

しかもB弁のブシューの後、ずっとシューっと抜けてる。
ってことはマックス状態の瞬間以外はどんどん減圧してんじゃないの。

どうも怪しいぞと思ってB弁を分解してみるとパッキンの不足らしい。
はっきりここで書いておきますが、安物らしい非常に雑な作りの鍋です。
しかしゆえに削ったりなんだりに躊躇しないのも事実。

で、しょうがないので速攻でパッキン自作。

kaatu12.JPG

余った透明シリコンをシート状にして確保しといたのを
ザクっと切り抜く。

そしたら安全ブシューの後のシューという漏れはなくなりました。

ということは加圧状態は前回よりは維持されている。

けどー

kaatu13.JPG

入らない

kaatu14.JPG

入らない

kaatu15.JPG

kaatu16.JPG

こんな薄い部分にも入るんすが、入らないところは入らない。


基本的に丁寧な型を作って、丁寧に流せばまず気泡問題は
ないはずなんですが、そうそう毎回上手く型が作れるわけでもないので
サポートグッズとしてあるといいなと思ってたんですが
やはり思慮の浅いバカ型だとこういう結果のようです。
きちんと作れば有効な感じはちょっとする。

kaatu17.JPG

こんだけ入ればまあいいかという気にもなりますが
いまいちメカニズムがわからないところで、さらに結果も
いまいちたいしたことないのでもうちょい検証が必要すね。

しかしここでこのアルミ鍋が前回のノー成長における
へっぽこブリキ缶の数十倍の強度があるので、減圧の夢、再び。
のちほどフタ探してきてチャレンジします。

なんであれシュパーっとラクに抜けてくれないと枯死丸とか非常に
厄介ですからね。なんとか技法を確立したい。
仕掛けて仕損じナシという必殺技法を。
今週中に。しかも仕事の合間に。
posted by ブリスターパックファッカーズ at 04:15| 道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。