2010年03月18日

減圧脱泡鍋

さて、このやろう。

減圧脱泡も試してみました。

前回の悲劇であるこの計画から頓挫することしばし

加圧用に仕入れた鍋を使えば、強度問題は解決です。

さあ、ではフタをどうしようかと思いまして。

透明アクリルをこのサイズで強度求めて買ったら何千円コースです。
成功するかどうかわからないのに、そんなにかけられるか!ということで

6mmのMDF板2枚を重ね、圧力鍋の容器がパッキンを
クルリと巻いてあわせられない形状なので。板状のゴムシートを
貼って作ることに。
それなら500円で収まる。

gen1.JPG

表は前回と同じ粘着パッドで密閉するようにしてます。

gen2.JPG

gen7.JPG

穴部分はアンカーナットを使ってるんですが、まあそれはいいです。
あんま関係ないので説明なし。


で、例のバキュームなんたらで吸ってみましたが
ばっちりとこれは手ごたえあるな!これが望んでいた状態だというくらい
びっちり吸った感じあり。

条件は先日と同じ。

よーし!

と開けてみると

gen3.JPG

gen4.JPG

gen5.JPG

gen6.JPG


もう全然流れてない。

先日のと比べると絶句の流れてなさ。
手流しの工夫だったら回避できるようなところもあえて
そのままやったんですが、まーそのまんま流れてない。

いやあ、加圧はすげー優秀だったんだな。
ご覧のように比べ物にならりません。

ハンディタイプとはいえかなり吸うバキュームマシンでしたから
期待してて、鍋がきしむほど吸ってる感じもあったんですが、
結果、全然役に立たないとはけっこう意外。

加圧の時は使い方ではいけるかな、という感じでしたが
この減圧は完全アウト。本当の意味で脱泡(沸騰コース)しないと
ちょっとした気泡ごときプクっと吸うんじゃないの?という減圧幻想は
通用しないとわかりました。

よーし、じゃあ加圧に絞り込んで型を製作する。
ようやくちょっとスッキリ。

じゃ、みなさん俺の屍の上をのしのし歩いて行けばいいさ。
posted by ブリスターパックファッカーズ at 19:35| 道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。