2012年06月18日

妖精の夏 1

筋肉キモすぎでクソワロわれるくらいはマッチョを彫ったので
この夏は、春に見た妖精を作ろうと思ってます。

どこで見たかと言いますと、映画の中で見たんですが
その描写が、考えてたこととピタリ一致しまして。

ああこれだ。こういうのをやりたいんだ、と。


つーわけで作業開始。

今回はNSPを効果的に使ってチョンボできねーかなと
ハイブリッド原型にするつもりです。

顔やパーツはスカでやって固めるけど、服の部分は
別に磨くわけでもなし、NSPで逃げ切れるんじゃねーの?と。
こりゃ無理と思ったらスカで行きますが、まあ試してみようということで。


で、毎度の事ながら最初に余計なモノから作業開始。

2012s1.JPG

作り方はいつも通り。カカト作って、底板作って、上を作る。

底板は割れないよう、マジスカとスカを混ぜたもので。

で、それらを量産。

2012s2.JPG

これでもう足元を考えずに製作できる。

で、次にこの古い革靴を履くヤツの顔。

2012s3.JPG

2012s4.JPG

2012s5.JPG

すべての技術者を見守る優しい眼差し。
後ろに控えるのはコンパチ予定のガンスミス。

理知的で頑固で品性を備えた日本人の顔というつもりで進めてます。
素敵な妖精が出来上がりますように。

つづくー
posted by ブリスターパックファッカーズ at 03:10| 製作日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。