2012年06月25日

妖精の夏 2

つづき

前回の優しいオッサンの背後にいたガンスミス
つまり銃器職人の爺さんを進めます。

2012s6.JPG

毎度の事ながらグレースカの油を飛ばした硬めのヤツで
普通に彫る。
芯は勘合を考えた首専用の基礎部分を作ったので、それを利用。

2012s13.JPG



で、どうせならということで、もう1首も進めて、雁首街道は
カタつけちゃうぜ、と張り切る。


今回3つ目の首は、特侠世界の劇中劇「ヒノマル大将」の主役タチバナ。
ちなみに優しいオッサンの名前は「平山周吉」
ガンスミスは外人で「エイモス・マッコイ」
全部できたら最後に設定話を書きますが、今はまだどうでもいいので
グイグイ進める。

2012s7.JPG

表面処理、テクスチャー面倒くせえなと思いながら進める。
いちおういろいろ試したりしてますが、やればやるほど彫った感が
死ぬので、リアルディティールより置物感というか人形感が欲しい自分には
やっぱし追求しない部分かなと思ったり。でもまだ確信にまでは至れず。
しばし試行錯誤だな。


で、ハゲアタマの状態で一度焼き、

2012s8.JPG

髪を盛ってもっぺん焼く。

2012s9.JPG

この手順は毎度変わらず。温度は100度で1時間ずつ。
腕利きは高温で焼くの法則ですが、俺はバカなので低温で焼く。


で、髪を盛りきって焼ききっちゃったりして

2012s10.JPG


レジンに置き換えたりしちゃったりしてさ

2012s11.JPG

2012s12.JPG

複製は毎度の透明シリコンで、切り裂き型。
ドテなんて面倒な事やってられまっしぇんのでこれも毎度のパターン。

そんでここから帽子なんかを作って、いよいよ
首とクツ以外の真ん中部分をNSPでやってみようと。
ニューサディスティックピンキー造型開始。

屁のようにつづく
posted by ブリスターパックファッカーズ at 00:59| 製作日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。