2013年12月29日

2014干支造形 その3:で完

つーわけでテキトーに千貫の餅を挽く男というのを思いついて
そのモチを作るべく、紙粘土を買いに出かけたワタクシ。

乾くのに時間がかかりそうだから早めに着手したわけですが

2013eto16.JPG

どうよ。

雑誌を破って丸めて、アルミ線で縛り、形状を調整して
こんなもんだろ、とこしらえてみましたが、思ったよりもでかい。
しかも紙粘土重い。汚れるし。嫌い。

乾いてから表面整え、ニス塗って落ち着いたところで、
台座もこしらえ、若干正月臭くする。

2013eto17.JPG

で、いよいよ本体を塗る。

2013eto18.JPG

さすがにここまで来ると設定も固まり

重い年貢を課し村人を苦しめる領主に一揆を目論んだ百姓達だったが
計画は漏洩、逆に多くの百姓が捕らえられて処刑されることに。
ただし領主は貴重なもち米を使って戯れにこしらえた餅を
一人で曳く者が現れれば、その距離に応じて百姓を助けると言い出す。

そこで一人の男が名乗りを上げる。村はずれに住む茂兵衛。
体が重くて山人になり損ねた茂兵衛だったが、よくしてくれた村人の為
餅を曳くと心に決める。しかし領主が用意した餅は、千貫(約4t)。
救済の条件は一町(100m)で一人、一里(4km)曳けば全員。

曳き縄は肩に食い込み、足裏は破け、気張ったあまり鼻から血が噴出すも
茂兵衛は見事一里を曳ききり、村人の赦免を勝ち得る。
面目を潰された領主は、翌日茂兵衛の始末に向かうものの、茂兵衛は
一人山小屋で息絶えていたという。すべての力を使いきった男の最期だった。
村人は茂兵衛の献身を称え、末永く感謝を忘れず挽馬の茂兵衛として
長く語り継いでいる。

なんつーのを考え、自分で考えときながら、もうマジ領主許せねえと思いつつ
ヒゲなんか描いちゃったりして汚さ倍増させてヘラヘラ楽しく色を塗る。

2013eto19.JPG

曳き綱を2種こしらえて、最後まで迷いつつ

黒と

2013eto21.JPG

金バージョンを撮影し

2013eto20.JPG







ホトショで加工して完成。

2013eto23.jpg


実際に賀状にするヤツはこれとは違うバージョン。

かくして今年はさっくり賀状完成。

でもこれはあくまで叩き台。

今度のWFではこれを完全別作品として仕上げる予定。
そちらの場合はフンドサない造形です。

さーフクロクジュに戻るか。

って、すっかり技術的なこと書くの忘れてましたが
今回は全ファーム。低温焼きで、ラッカーベースのエナメルペチャ男。
一行で終わったな、説明。
posted by ブリスターパックファッカーズ at 01:09| 製作日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。