2011年12月13日

2012干支造型 1

すっかりここを放り出して申し訳ないですが
いろいろ忙しくてヒノマルは完全停止。
そろそろ再開と思ってたところで、年賀状の季節到来。

毎度毎度の干支造型に入らねばならないことに。


で、来年は辰年。龍です。

というわけで、ドラゴン造型に決定。
時間のあるうちにチャッチャと進めます。

まず、芯。

ys1.JPG

スカアシキットで上半身だけ。

いずれ下半身も作りますが、年賀状で必要な分だけまず。

で、グレースカを盛る。

ys2.JPG

今回は買ったそのまま、グネグネに柔らかいのを使ってます。

で、当たりが見えるまで進める。

ys3.JPG

おー、見えた。


顔はこんな感じ。

ys4.JPG

よし、掴めた。


というわけで、とっとと顔を完成させます。



ys5.JPG


ys6.JPG

これをまたコアヘッド状態にして、髪形のバリエーションを作る予定。

しかしまあなんつーか、手ごたえっつーんすか。

我ながら笑っちゃうな。

つづく。
posted by ブリスターパックファッカーズ at 18:09| 干支造型 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月22日

ヒノマル大将 その2

フォローモールドで整えた粘土塊を直し始める。

h7.JPG

h8.JPG

h9.JPG

こんな感じすね。

グレースカの油飛ばした、かなり固めのでやってます。
ガイドがあると一気に楽しい領域に飛び込めるので素晴らしい。



今回、作例というか、ガス抜きというか、
ちょっと闊達に作りたいものを作り散らかしてみようかと思ってます。

普段日報をご覧の方は分かるとおり、自分、アメコミ好き。
最近はすっかり買ってないので、マニアとは程遠いですが普通に大好き。
昨今の実写ブームを大変楽しく思ってるクチです。等身大の実写化大好き。
しかしその反面、かなり忸怩たる思いで羨望の眼差しを向けている部分も。

どーーして日本はカッコいいヒーローを正面から
描けなくなったのか。細かい理屈はともかく、堂々と誇らしく
理想を掲げることが出来なくなったのか。もどかしくて仕方がない。
そこそこリアリティがあってカッコいい日本のヒーロー、見てーなー、と。

で、そんなのをやってみることに。

アメコミに通ずる、日本のヒーローと言えばいくつか限定されます。

現在アメコミNo1出版社が、日本の会社と提携したことがありました。
最初はその会社の看板キャラの日本版を作る予定でしたが
もろもろの都合で中止。看板キャラの女版、ミス花子ならぬミス米国を盛り込み、
複数のヒーローチームとして構成されることに。
しかし放送枠の前番組のイモアニメがコケ、枠が空きそうになり企画は一気に前倒し。
使用マシンなどのデザインもないままGO。しかも毎度毎度の気まぐれ上層部の
思いつきの流行取り入れで、もはやアメコミ発信のアの字もない
なにがなんだかわからないご当地ヒーロー物みたいなのになって放送。

しかし主役の日本キャラのデザインはカッコよくて好きでしてね。
その頃、日本の特撮番組から自分は完全に卒業してしまってたんですが
ダーマンとこれだけは、気持ちが戻った記憶が。
ある意味最後のリアルタイム刷り込みもあるのかもですが
いつか好きだったそいつをリアル処理で作ってみたいな、と。

けど造型でやるとなかなか時間がかかり、お遊び企画がそうで済まない
労力をかけてしまうことがあるので、躊躇することしばし。

多少なりとも売ることを前提に作品作りをしてきたんすが
今回のタービンの売れなさに、もう売るの考えなくていいんじゃねーの?的
考えが一気にカマクビをもたげてきたので、製作に踏み切ってしまいました。

ちなみに「日の丸大将ケン」が最初に決めたタイトル。
そのへんはどう変わるかわかんないすが、顔は最初から決めてた
日本で一番有名なケンがモデル。
そうすよ、オッサンがヒーローに決まってんじゃないすか。

しかし売るための型作りや量産の1億倍楽しい。
やっぱこっちにウェイトおくのが絶対正しい。

まずこの気持ちありきだな、とニヤニヤしながらつづく。
posted by ブリスターパックファッカーズ at 03:47| ヒノマル大将 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月18日

ヒノマル大将 その1

えー、今回作るキャラはスーツのヒーロー、ヒノマル大将です。
タイガーナナと同じ系列のTV局で放送されている子供番組という設定。

h0.jpg

追々内容や、なんでこれかというのは書くかもですが
まず理屈はともかくとして、とっとと始めます。



さて、


まずスカアシキットを組み上げます。

h1.JPG

作り方はキット同封のイナズマニュアルの通りで
サクっと組み上げます。


で、台座の木を作るべく、足の幅を検討。

h2.JPG

12インチの素体を使うのは、ポージングが早いためと
組んだスカアシキットでこれをやると、アルミ線が疲弊
さらにレジンの穴が広がって直す必要が出るかもだからです。
このへんはざっくりと位置が決まればいいだけなので、簡単に。

そんでその幅の木の板を切断。任意の厚さに接着。

h3.JPG

ここでこんな台座を作る必要性ですが、後でわかると思いますが
焼く時、便利。最低限の幅で焼ける台座にくっついてると。

どうでもいいけど、木を押さえているのは最近便利で大好きな
網戸張り替え用クリップ。100円ショップ最高。


そんで3mmの穴をあけ、スカアシキットを立たせて
ポーズをとってみる。

h4.JPG

実は今回、槍を持たせたいんですねー。
毎度毎度、このどうでもいい槍の設定や調査とかに時間かかってたり。



で、フォローモールドで顔のスカルピーをサクっと盛っておく。

h5.JPG

フォローモールド使用の詳細はスカ王国内で検索してください。
そのまんまです。

で、数日かけて、あーでもないこーでもないとやった後
ポーズを決定。
間接部分をマジックスカルプで固定。

h6.JPG

このあーでもないこーでもない時間は、頭を冷やしてポーズを
見る時間です。ずっといじってるわけでなく、翌日少し曲げ
その翌日、やっぱ直し、みたいな実作業だと数分くらいだけど、
冷静に動きの流れを客観視する重要タイムです。


これでまあ楽しく芯が出来たので、次に顔に入ります。

つづく。
posted by ブリスターパックファッカーズ at 23:51| ヒノマル大将 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月11日

WF2011夏 販売アイテム

■■■ 雁首街道 ■■■

gankubi2.JPG

雁首街道 二ノ宿■3,000円(新作)



gankubi1.jpg

雁首街道 一ノ宿■3,000円

1/6スケールのレジン製頭。ナイスな顔揃い。

基本的に3個セットですが、バラ売りも少数用意してあります。


■■■ レジンキット4種 ■■■

4kit.JPG

「怪腕!タービン番長」■13,000円(新作)

ジンガイビフォーアフター 不死身の流れ者
「ビフォーカツトシ」■12,000円(図解ポスター付)
「アフターカツトシ」■16,000円(図解ポスター付)

「梵鐘奇遇(ツリガネチョウハン)」■17,000円


新作タービン番長にも、

turbine.jpg

特別図解ポスターが付きます。

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

■■■ ファイヤーパターン侠骨キャップ ■■■

cap1.JPG

■個数1■3000円

最後の1個。フリーサイズ。マークは刺繍です。



■■■ B&W メッシュ侠骨キャップ ■■■

cap2.JPG

■個数2■3000円

夏向けキャップ。フリーサイズ。マークは刺繍。



■■■ 侠骨ワッペン ■■■

cap3.JPG
cap4.JPG


■1000円

アイロン接着可能な刺繍ワッペン。


○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

■■■ スカルプアシストキットM117 ■■■

まずこちらで説明しているのが、以前販売したスカルプアシストキットM109



その改良版が今回販売のM117です。

sakit1.JPG

sakit2.JPG

おおきな改良点は、

●細くなったこと。
(前回のがマッシブ向けだったのに対し、今回は一気に細く、
関節部にも余裕をとって、粘土が盛りやすくしてあります。)

●簡易化したこと。
(レジンパーツだけにし、針金などの付属なし。)

●大幅プライスダウン。
(前回、1体4000円だったのに対し、今回はなんと
2体分入って3000円です。スーパーお求めやすい。)

というわけでより、扱いやすく、挑みやすくなってます。

しかも箱入りにパッケがグレードアップ。パーツ保管に便利。

スカルピーに、エポパテに、油土に、ファンドにと
ビギナーからベテランまで、ラクができるキットです。

sakit3.JPG(組立例)

■パーツ数2■3000円



○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

■■■ フォローモールド ■■■

まずは、説明ページへ。

followmold.JPG

すっかり品切れのままでしたが、こちらも便利なアイテムで

あればラクチン、時間も節約、かなり得するフォローモールド。

■シリコン製■1000円


○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

■■■ 1/6スケール、特侠銃器セット ■■■

【 特侠のドウグ 其の一 「剛雷改と四十分」】

arms.jpg
arms1.jpg
arms2.JPG

 ■上州神農會特殊任侠部隊正式採用
  複合制圧用重銃器「剛雷改」
 ■はぐれ特侠標準装備「四十分」
 ■テーザーカートリッジ×7弾

■パーツ数4■3000円

1/6スケールのオリジナル銃のセット。


○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

■■■ 1/6スケール、ふんどしサイボーグ用兜 ■■■

国宝【 朱漆塗頭形鬼火牛角脇立兜 】
(しゅうるしぬりずなりおにびうしづのわきだてかぶと)

kabuto1.JPG
kabuto2.jpg

■パーツ数4■2000円

後ほど再販予定のふんどし入れ歯サイボーグ改め
ふんどし兜サイボーグ用に使用の兜で、
入れ歯サイボーグを購入していただいた方用に
単品でご用意しました。10個限定です。
posted by ブリスターパックファッカーズ at 00:49| THUNDERROAD NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月19日

続・自作集塵機

本来ならビシビシ書かねばならないこのスカ王国です

のに

まったく書かないこと数か月。いやいやどうもすいません。
ネタがないわけではございません。
仕事で狂ったようにスカ原型で作り続けてるわけですから
技術も情報もバッキバキに蓄積しております

のに

なんでここまで書いてないかと言いますと、飽きたのではなく
最近造形にマジメすぎだからでございます。
マジメな事しか出てこないので、それは胸に秘めるしかなく
ゆえに、スカ王国での記事はすっかりストッピなのでございます

のに

なんで急に書くのかと言いますと、胸が痛むからでございます。

毎日毎日、検索ワードで現れる情報欲しがりボーイズ&ガールズ。
ガールズはいねーか。じゃボーイズ&トッチャンボーイズ。
「自作集塵機」なんつーワードで検索かけたらここが上に来てるからって
ウチのヘッポコ機を見て、ああこれでいいんだ、なんて思って
他人にもスカ王国で作ってましたよ、なんて紹介したりされたり、
あげくマネして作ったりなんかしちゃったりして…

って、だからお前らはダメだって言うんだ!

なんでもかんでも情報を鵜呑みにしやがって、このお人よし。
一生電通に踊らされるつもりか。しっかりしろ。

実はとっくのとっくにあの集塵機は改造してます。
あの作り方ではいろいろ問題があるっつーのに、毎日毎日
集塵機集塵機…と、古い情報の問題マシンを参考にする
ピュアボーイズが量産されるのはあまりに胸が痛むので
変更点をっつーのが今回の話です。


では本題です。

そもそも俺が作った集塵機というのはこういうことでした。

newsyu1.jpg

換気扇で吸い、袋で粉を受け止める。

安価で静音、吸引力もある。んすが、問題もあり。

現在はこんなシステムです。

newsyu2.jpg

何が変わったかというとまず袋。
集塵袋は大きいカスなら食い止められても、
ふわーっと浮くくらいの小さい粉は止められないんすね。
スカ粉程度はとらえても、エポパテを細かい番目で仕上げた時の
小さい粉は平気で外に吹き散らかす。
コラー!ってくらいに。

というわけで掃除機のパックを加工したものを
換気扇の排気に直接つけるようにしました。


そもそもが応急だったので、四角の枠(ダンボール)で囲んだだけ。

newsyu3.jpg

その上部が手前に開く。ここが作業スペース。

newsyu4.jpg

緑部分はマグネットで、フタとして閉めたとこを止める。


で、

そこにフィルターをかますわけですが

newsyu5.jpg

赤い3枚がフィルターとしての役割をするわけです。

どういうことかというと

@大きな網でストッパーを作り、そこ作業スペースに。

市販の換気扇フィルターで半分覆い、パーツが落ちないようにします。
換気扇フィルターは、吹き返しを防ぐ為でもあります。
結構きっちり閉じると、換気扇は吹き返すんで下手すれば粉を
吹き出す。それ防止。

A最悪、パーツが落ちた場合、換気扇に巻き込まれない第2安全網。

B必要な枠に合わせて、掃除機の紙パックを切ってつけたもの。

newsyu6.jpg

そんな感じ。

さらに、作業の手元がよく見えるよう、上部を切り抜いて
透明プラ板でカバーし、そこから光が当たるようにしてある、と。

newsyu7.jpg

手を突っ込んでやる限りはまず問題なしです。直下型でよく吸う。
つーわけで、実際の作業スペース部分を主観で見るとこんな感じ。

newsyu8.jpg

現役でしかも作業中なんで、きれいじゃなくてすんませんな。

絶対的に必要なのはブロワーですかね。粉飛ばすのに。
あとヤスリをすぐに復活させるのに必携、ワイヤーブラシ。
実際にはこの枠から少し手が出て作業してますけど、まず吸います。
リューターもこの中で。問題は特になし。

前の集塵機と一番の違いは、粉の捕え度の向上。さすが掃除機の
紙パックはマシです。
というわけで大きな削りカスじゃない作業の場合
この方がよろしいです。
参考にする場合、そこポイントですのでよろしく。
posted by ブリスターパックファッカーズ at 16:37| 道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月19日

アフターカツトシ販売開始

たいへんお待たせしました。
特侠番外地「アフターカツトシ」販売開始です。

105201.JPG

この素晴しい勢いでこしらえたクリーチャー造型が
ほぼ製作から4ヶ月の後、ようやくキット化です。

その間、テメーは何をグズこいてたんだ、とご立腹の皆さま。
まったく気がミジケーな・・・じゃなくて、誠に面目次第もございません。

命冥加な赤千社札の手抜きのようにしか見えないけど
実はすっごく迷って練りに練ったパッケも出来上がり

105205.JPG

内容はこんな感じ。

105206.JPG

パーツ数は11。

105202.jpg

さらにオマケの図解ポスターとボーナスパーツ
グリゼルダの頭部が付属します。

105203.JPG 105204.jpg

このグリゼルダは後でフルリニューアルの全身像を作りますが
それに組み替えられる初期ヘッドになります。
人間体と蜘蛛体の途中となるこの初期ヘッド。
入手のチャンスは今回のみ。というナイスなオマケ。

ビフォーカツトシ、アフターカツトシと並べるなら
いずれ全ての元凶、ジンガイのオヤ、特侠関東第壱侠隊壊滅の
きっかけとなるグリゼルダの初期ヘッドは欠かせますまい。というもの。

ポスターはカツトシの秘密をあばく描き下ろしカラー大図解
「カツトシのひみつ」 絵師epio氏の入魂の描き下ろし。
大マジイラストで流麗に復活する日本のパルプ文化の極みである「図解」。

これの前に人形を置くと、テンションは激アップです。

105175.jpg



今回の販売に関しては、クリーチャー系ガレージキット製作代行店
TOY GYARAGE/トイギャレージ さんに全面協力いただいております。

こちらでは完成品の製作代行をしてますので、お願いすると
こんな感じで

105134.jpg

お好み仕様で作っていただけるようになります。
詳しくはトイギャレージのHPでお問合せ等よろしくお願いします。

現在このヘルペインター仕様のカツトシがギャラリーにて検閲なしでアップされてます。
とくとご覧あれ。



さて、

そういうわけでアフターカツトシ、価格16000円にて販売開始させていただきます。
通販ご希望の方は、こちらの「温泉通販芸者」にて方法をご確認ください。

やー、長かった。
posted by ブリスターパックファッカーズ at 19:29| THUNDERROAD NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月18日

減圧脱泡鍋

さて、このやろう。

減圧脱泡も試してみました。

前回の悲劇であるこの計画から頓挫することしばし

加圧用に仕入れた鍋を使えば、強度問題は解決です。

さあ、ではフタをどうしようかと思いまして。

透明アクリルをこのサイズで強度求めて買ったら何千円コースです。
成功するかどうかわからないのに、そんなにかけられるか!ということで

6mmのMDF板2枚を重ね、圧力鍋の容器がパッキンを
クルリと巻いてあわせられない形状なので。板状のゴムシートを
貼って作ることに。
それなら500円で収まる。

gen1.JPG

表は前回と同じ粘着パッドで密閉するようにしてます。

gen2.JPG

gen7.JPG

穴部分はアンカーナットを使ってるんですが、まあそれはいいです。
あんま関係ないので説明なし。


で、例のバキュームなんたらで吸ってみましたが
ばっちりとこれは手ごたえあるな!これが望んでいた状態だというくらい
びっちり吸った感じあり。

条件は先日と同じ。

よーし!

と開けてみると

gen3.JPG

gen4.JPG

gen5.JPG

gen6.JPG


もう全然流れてない。

先日のと比べると絶句の流れてなさ。
手流しの工夫だったら回避できるようなところもあえて
そのままやったんですが、まーそのまんま流れてない。

いやあ、加圧はすげー優秀だったんだな。
ご覧のように比べ物にならりません。

ハンディタイプとはいえかなり吸うバキュームマシンでしたから
期待してて、鍋がきしむほど吸ってる感じもあったんですが、
結果、全然役に立たないとはけっこう意外。

加圧の時は使い方ではいけるかな、という感じでしたが
この減圧は完全アウト。本当の意味で脱泡(沸騰コース)しないと
ちょっとした気泡ごときプクっと吸うんじゃないの?という減圧幻想は
通用しないとわかりました。

よーし、じゃあ加圧に絞り込んで型を製作する。
ようやくちょっとスッキリ。

じゃ、みなさん俺の屍の上をのしのし歩いて行けばいいさ。
posted by ブリスターパックファッカーズ at 19:35| 道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

加圧脱泡鍋

加圧脱泡試してみました。

まず、参考にしたのが、ここここ

しかし具体的にどれくらいどうなのかわからない。
試すにしても大した値段じゃないし、じゃあやってみるか、と。
クチャクチャ言ってるヒマがあったらテストしてみる男ここにあり。
試そうという方は第3の意見として参考にされるといいと思うんすが
ちなみにご存知のようにワタクシの模型スキルはからっきしもいいとこで
粘土と与太話はこねくりまわせても、こういう模型関係はほぼ素人です。
複製下手の試したボーイの懲りない突進と心に留め置いてください。


で買ったのはこれ。

kaatu1.JPG

3000円しなかったはずです。

大きさはこれくらい。

kaatu2.JPG

で、さらに必要な自転車の空気入れとチューブ。

kaatu3.JPG

kaatu4.JPG

早速フタをはずし、少し穴を削ってチューブを差し込む

kaatu5.JPG

裏からみるとこんなテキトー。

kaatu6.JPG


で、つなげて出来上がる。

kaatu7.JPG

具体的な手順は最初にあげた先人の丁寧な説明を参考にしてください。
商品もすぐ買えるようにリンクあるし、自分はそれを真似ただけです。


で、いざシュコシュコ脱泡。
30回くらい空気入れを押しますと、安全弁のBなるものが過剰圧を感知すると
プシューと抜ける仕組み。プシューとそれが動くまでシュコシュコやる。

手近にある一番厄介そうな型に、ウェーブのレジンを流しました。

さて魔法のように泡が消えるのかというと

kaatu8.JPG

消えないんですね。3つの中央の縦部分に全部、小さい泡が。

で、さらに

kaatu9.JPG

指もダメ。

kaatu10.JPG

まあもともとこれは流れないような厄介な型で
それでも泡が消えるなら劇的だなと思ったんですが
そうそううまい話は世の中に転がってねーっつー話です。

つーか、原理いまだにわかんねーな。
加圧で泡が小さくなるとかなんだとからしいすが
こんなヘボ鍋では全然そこまで圧はかけられそうもない。

開けてみるといきなり飛び散ってるし。

kaatu11.JPG

しかもB弁のブシューの後、ずっとシューっと抜けてる。
ってことはマックス状態の瞬間以外はどんどん減圧してんじゃないの。

どうも怪しいぞと思ってB弁を分解してみるとパッキンの不足らしい。
はっきりここで書いておきますが、安物らしい非常に雑な作りの鍋です。
しかしゆえに削ったりなんだりに躊躇しないのも事実。

で、しょうがないので速攻でパッキン自作。

kaatu12.JPG

余った透明シリコンをシート状にして確保しといたのを
ザクっと切り抜く。

そしたら安全ブシューの後のシューという漏れはなくなりました。

ということは加圧状態は前回よりは維持されている。

けどー

kaatu13.JPG

入らない

kaatu14.JPG

入らない

kaatu15.JPG

kaatu16.JPG

こんな薄い部分にも入るんすが、入らないところは入らない。


基本的に丁寧な型を作って、丁寧に流せばまず気泡問題は
ないはずなんですが、そうそう毎回上手く型が作れるわけでもないので
サポートグッズとしてあるといいなと思ってたんですが
やはり思慮の浅いバカ型だとこういう結果のようです。
きちんと作れば有効な感じはちょっとする。

kaatu17.JPG

こんだけ入ればまあいいかという気にもなりますが
いまいちメカニズムがわからないところで、さらに結果も
いまいちたいしたことないのでもうちょい検証が必要すね。

しかしここでこのアルミ鍋が前回のノー成長における
へっぽこブリキ缶の数十倍の強度があるので、減圧の夢、再び。
のちほどフタ探してきてチャレンジします。

なんであれシュパーっとラクに抜けてくれないと枯死丸とか非常に
厄介ですからね。なんとか技法を確立したい。
仕掛けて仕損じナシという必殺技法を。
今週中に。しかも仕事の合間に。
posted by ブリスターパックファッカーズ at 04:15| 道具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月22日

アンケートありがとうございました

ビフォー&アフターカツトシGK化に伴う
事前アンケートを終了しました。
ご意見、ご投票ありがとうございました。

現在、いただきましたアンケート意見を参考に
キット化に向けて鋭意見積中ですので
近々、ビフォー、アフター共に進捗状況をご報告出来ると思います。

いましばらくお待ちください。よろしくお願いします。
posted by ブリスターパックファッカーズ at 00:00| THUNDERROAD NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月04日

梵鐘奇遇・彩色

だいぶ前に、キットを組んで塗りはじめました。

bon50.JPG

で、キットなんで背中に彫り物を入れたいと思いまして。

以前デザインしてたスペース悪源太なんすが、ウチはアルプスプリンタとか
ないうえ、Kなんとかデカールで以前失敗したので、簡単な方法はないものか、と
貼れる印刷物を探してました。

で、見つけたのがタトゥーシール。
曲面対応のインクジェットでプリントできる可愛いヤツ。
ためしにやってみたら少々厚いもののいい感じ臭い。
テスト段階では厚さ以外問題なさそうだったので、
今回彩色した牛頭さんに貼ってみました。

bon51.JPG

ちゃんとクリアで面を整え、圧着ばっちり。
2ヶ月前にやったテストからずっと曲面も浮かないままだったので
いい気になって貼ったんすが・・・

浮いた。くっついてたのは3日程度だった。
見事に谷部分が浮いてもうどうしょもなくなりまして。

bon52.JPG

簡単に剥げちゃうし。テストのはガッチリついてるままなのに。

しょうがないので、剥がすことに。

bon53.JPG

泣けるぜ。

チマチマ剥がして、そんでもう彫り物あきらめて仕上げることに。



仕上げました。

bon54.JPG

間のもたなそうなところは血で。たいして意味ないすがクリックで拡大。

bon56.JPG

bon57.JPG

bon58.JPG

bon59.JPG

bon60.JPG

基本、最初の写真にエナメルペチャ男です。

俺はほら、なんつーかちゃんとした彩色は出来ないですから
大体わかればいいんです。キャラが。

つーわけで、牛頭さん完成。またしてもWFでくるくる回す予定。
posted by ブリスターパックファッカーズ at 14:41| 梵鐘奇遇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。